BLOGブログ

加齢による癖毛の髪質改善

このブログでは加齢によるホルモンバランスの乱れで髪質が変わってきてお悩みの方への施術方法について書きます

加齢によるホルモンバランスの乱れによる癖毛の髪質改善

女性のホルモンバランスは7年周期で変わると言われています。もともと綺麗な髪をされていた方でも40代を境に急激に髪質が変わったりします。そこから、、以前よりも髪が乾燥しやすくなった?まとまりにくくなった?という事が増えどうしたら以前のような髪に戻るのか、あるいはもっと良い髪質にならないものかと髪を綺麗にする為に、皆様色々試されているかと思います。サロンでのトリートメント、御自宅でのホームケア商品、こだわってされているかと思います。
トリートメントをすればするほど綺麗になっていく髪質の方、どれだけトリートメントを頑張ってもさほど変わらない方、色々いらっしゃるかと思いますが、、、
1番違いを決定づけるのは髪の内部の水分量が一定数、あるかないかなのです。ホルモンバランスなどで血液のバランスが変わることでその水分バランスを大きく失い髪質に大きく影響してきます。残念なことに、ホルモンバランスの変化によって(何月が過ぎることによって)髪質が以前より、生えてきた髪が自然に思い通りに綺麗に変化することはほぼ無いのです。髪をサロンケアによって良き方向に改善し、美容師の施術とホームケアの両立によって髪をコントロールしていかないといけません
言い方を変えますと、サロンで髪質を美容師さんにコントロールしてもらい、御自宅でホームケアを入れやすい髪質(水分量)にしておられる方が綺麗になりやすい方なのです

前髪、襟足、頭頂部の髪質変化

上記の部位に出る癖毛は、ほぼホルモンバランスの影響かと思います
ここで気をつけないといけないのはホルモンバランスの変化で出てくる癖毛は癖の度合いが強いですので、特に施術をする側としましては、強い薬剤を選択しがちです。ところが、、癖は強いのですが実はそのような髪は髪内部の構造が弱い為に出てくる癖毛ですので大変薬剤への耐久性が弱いです。弱い髪なのに強い癖だと思い、髪質に見合わない強い薬剤を使用してしまう事が大変危険です。切れ毛、さらなる縮れ毛の要因になら可能性が高いですのと、実際、そうなっておられるなということでお悩み相談される方も大変多いです

加齢によるホルモンバランスの乱れに対する癖毛の髪質改善の方法

加齢によりホルモンバランスが乱れます。血液のバランスが変わるため、髪質は以前よりうねりが出たり、硬くなったり、逆に細くなりハリコシが以前より出なくなったりしたら、それはホルモンバランスが変わった証拠です。女性は7年周期でホルモンバランスが変わります。髪質が7年で変化するのです。以前より癖が強くなってきたな、、、だったり、以前よりヘアスタイルを作るのに手こずったりすればそういう事でございます。トリートメントが入りにくくなります。うねりが出るとそれがダメージした髪のように感じます。綺麗な髪の条件は水分量が一定で油の量も一定で潤っております。加えて形状もハリコシのある断面が丸く芯の通った髪です。形状が整っているのトリートメントの栄養がかたよることなく浸透致します。うねりが出たりしてトリートメントが入る隙間が無かったりいびつだったりするとこれがムラに入ってしまい触り心地も悪いです。
そのような髪にはしっかり髪内部を支える芯を作るトリートメントを行います。芯ができてくるとそれは柱のような役目を果たすのでハリコシが出て癖が出にくくなります。これを複数回行うことでかなり髪が若返ったようなスタイ、ルが可能です

トリートメントが、素直に入りやすい髪質の方はシャンプー時に水を素直に吸ってくれて柔らかくなる方です。傷んでいるとそうなりやすいです。しかし、痛みすぎていると、入りやすいけど、抜けやすいです。保てません。しかしトリートメントを頑張っていると少しずつ栄養を保てるようになって来ますので、諦めずに頑張って欲しいです。ここで髪が綺麗になることを妨げてしまうのは、傷んでいて、もともと生えてくる髪がねじれていて、更になんとかしようとして、アイロンなどの高熱が入っておられたりするパターンです。「綺麗に見せる」為に頑張っていたことが、逆に綺麗になることを妨げてしまっております。
どんどん綺麗な髪に進化する為に必要なのは、まず、シャンプーをしたときに柔らかく水を吸ってくれるような髪質に変えること。
これはサロンで私共にしかできません。様々な髪質を見て来た結果、トリートメントは受け入れる髪質によるのだということを悟りました。
シャンプーをしてる時に、いつまで経っても泡立ちにくい、しっかり濡らしてるのにシャンプーしても髪が硬い、トリートメントは何を使用しても、慣れているときの触り心地は良いものでも、乾かすとそんなに綺麗になっていない、、、そういう方は髪質を改善するようなトリートメントをされたほうが良いです

更年期で起きる癖毛へ髪質改善

更年期に差し掛かると髪はエイジング毛というストレートパーマでも伸ばせない複雑な髪を産みます。チリチリした感じ、ピリピリした感じ、うねうねした感じ、と表現致しましょうか。白髪染めもその髪は染まらず、たくさんの女性の手を焼く髪です。そのような髪にはトリートメントは入りません。どんなにこだわったシャンプーを使ってもおさまりません。サロンでまず、内部構造を変えないと、、、。どのように変えるかというと、浸透を促す尿素というものを使います。そちらを使用して髪内部にまた芯を入れ込みます。髪の柱です。支えるものがあって髪の毛は縦に伸びて保ってくれます。身体で例えると骨のような成分を入れ込みます。そのあと筋肉になるもの、皮膚になるものといった順番で髪の毛を作っていくような感覚です
これによってストレートパーマでその癖を消したくても消えないエイジング毛を綺麗に整える事が出来ます。そうなると御自宅で使用するシャンプーとトリートメントが格段に効くようになり実感が全然違うと思います。白髪も以前より綺麗に染まりやすくなります。ブローで手こずることも少なくなります。見た目が若返ります。

癖毛の髪の毛の構造を作り直す髪質改善

こちら、ストレートパーマをしたような仕上がりですが髪はダメージしておりません。ストレートパーマや縮毛矯正のように髪の毛自体に負担をかける施術ではございません。髪内部に栄養を入れ込み髪の毛として1番バランスの良い構成み固定しております。髪内部に髪の構造をしっかり支える芯を作り上げ、弾力、潤い、手触りまで一気に変えてしまう正しい髪質改善というバランスです。綺麗な髪というのは水分量、油の量、タンパク質の量が一定でございます。これを施術で作りあげます。

癖毛を改善し続けるメニュー展開

こちらのお客様はCharmanというメニューとLuglip2ndというメニューを月一回ずつ、毎月2回御来店くださってます。
ビフォーからアフターまでは1度目でこうなりました。そこからその状態をずっとキープされ続けております。
綺麗で心地よい状態を手に入れられたお客様は、このコンディションで居続けたいということでずっと施術とホームケアを頑張ってくださっています。施術を頑張ってくださってる間はホルモンバランスでお悩みだった頃の髪には逆に戻ることは無いです

髪質改善トリートメントはどのくらい持続しますか?というご質問について

髪を綺麗にすることは簡単ではございません。髪はお肌と違い自己治癒力がありません。絶えず綺麗に保つための施術とホームケアが大切です。トリートメントはどのくらい持つの?と初めてのお客様はよく疑問に思われるかもしれません。答えは人によって違います。1ヶ月持つ人もいれば2ヶ月実感があるという方もいます。髪質によっては1週間しか持たない方もいます。しかし「持たせること」よりも髪を綺麗に常に進化させることが大切だと考えております。私の技術力で1週間しか持たないということはほとんど無いように持って行きますが答えてくれるのはお客様の髪の毛です。ホームケアの仕方や使うものによっては大きく違って来ます。

髪の健康は身体の健康につながる

髪を綺麗にするためにする努力や全ての行いは必ず身体の健康へとつながると信じております。逆に身体も健康で無いと髪の毛は綺麗になってくれません。施術も可能な限り健康を阻害する方法を避けております。美と健康につながる施術方法を優先します。できることから始めて、一緒に綺麗な髪を作れるように頑張って行きたいです。

髪質改善の例はこちら

ひがし
ひがし
2023-10-30
オーナーのお二人には20年近くお世話になっていますが、ずっと変わらず信頼できる美容師さんです。 トリートメントもですがカットもとても上手でいつもお任せしています。 毎月の癒しです😊
おすず
おすず
2023-05-17
けや木が眺められる2階で、ガラス張りの素敵なお店です。毎回リラックスしながら施術していただいてます。 オーナーさんには何年もお世話になっていて、頭皮と髪に関して、高い技術、前回よりもっと良いものをと、常に研究しておられる気がします。 マネージャーさんもとてもお洒落な方で、お話するのもとても楽しみです♪ いつも安心してお任せ出来ています✨
さかな
さかな
2019-03-06

投稿者プロフィール

山森 洋佑
山森 洋佑「髪の病院」五つ星技術認定者 髪の病院認定講師
有名ハイブランドのファッションショーのバックステージにてヘアスタイリストを務める。「髪の病院」による技術認定五つ星の実績を誇り、Luglipでの施術の傍ら、美容師を対象としたセミナーを多数実施中。